Opera Garnier Paris

オペラ座の周りを散歩

子どものような魅力は、華やかなガルニエ宮(パリの歴史的なオペラハウスで行われるこの歩くと、人をお楽しみいただけます)、幽霊や贅沢な食品や宝石店があります。

ナポレオンの統治の間に始まり、マドレーヌ(1)教会、古代寺院のように見える-を見る子供たちは、キュポラでは、皇帝の巨大な絵。しかし、広場の真の魅力は高級料理店です。メゾンドラTruffeでは(2、19位デラマドレーヌ)では、世界最大級のtruffe見ることができます中にケーキのような宝石類、貝類の調合、そして芸術のウィンドウが表示されますが、高級デリHédiard(3月21日にフルーツアレンジ場所デラマドレーヌ)とフォション(4、24位デラマドレーヌ)は、それ自体で治療されます。 blvdくださいマドレーヌ広場、パレガルニエ(5)は、1875年にオープンした豪華なオペラハウスです。内部では、グランド階段を上るとグランドホワイエ、ここで隅々まで金箔、大理石で覆われている訪問、彫刻、ミラー、シャンデリア。エドガードガ頻繁に描くと、バレリーナここでリハーサルを彫刻。オペラは、オペラ座の怪人のは、1箱程度に低迷が出没した。舞台裏ツアーは英語でご利用いただけます。その後、ダウンrueデラペヴァンドーム広場(6)の場所を右折。ここでは、いくつかの世界の壮大な宝石類の家の窓に、子供のダイヤモンドネックレスお姫様に適して見ることができます。広場の中央の列のナポレオンの戦いの勝利のシーンを描いています。でCastiglione通りの場所ヴァンドーム広場を残す。 rueサンへ右折- Honoréは、再度ロワイヤル通りにお茶Ladurée(7、16ロワイヤル通り(または、おいしいホットチョコレート))、適切に堂々とした治療です。有名なミニマカロン注文することを確認してください。

opera

地下鉄駅:Opera(オペラ、3、7、8)、マドレーヌ(8、12、14)