パリの観光
パリ観光は楽しいけれど、世界で最も美しい町の1つと呼ばれるパリには数日しか滞在できない。そんな時は、あちこちにモニュメント、素晴らしい文化遺産、美術館、公園、特徴的な地区、珍しいスポット、有名な大通りなどがあるパリのすべてを見て回ることはできないでしょう。ですから、お客様の観光計画をお手伝いするため、お客様にとって「ぜったいに外せない」ポイントを厳選いたしました。パリで最も人気の高いこれらのスポットは、パリをよく知るために見逃せないところばかりです。
主要美術館 地区 素晴らしい公園
> ルーヴル美術館 > シテ島 > チュイルリー公園
> オルセー美術館 > サンジェルマン・デプレ > リュクサンブール庭園
> フランス国立近代美術館 > モンマルトル > パリ植物園

有名スポット、幹線道路 モニュメント  
> シャンゼリゼ大通り > エッフェル塔  
> コンコルド広場 > ノートルダム大聖堂  
> ヴァンドーム広場 > 凱旋門  
> ポン・ヌフ > サント・シャペル  
予約

到着日



泊数
ベストプライスを探す
主要美術館 :

ルーヴル美術館 : 21万m2の総面積があり、そのうち7万m2が展示に充てられているルーヴル美術館は、パリ1区にあります。世界最大の美術館の1つであり、年間900万人という最大入場者数を誇る美術館でもあります。ここは数々の作品を収めた宝石箱のような場所です。絵画、彫刻、デッサン、陶芸、考古学的出土品、芸術品…。とくに有名な作品は、レオナルド・ダビンチの『モナリザ』、ミロのビーナス、ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』です。

オルセー美術館 : パリ7区セーヌ左岸にあるオルセー美術館は、1848年から1914年までの西洋の絵画・彫刻作品を展示している他、写真、建築、装飾美術にも光を当てています。世界最大の印象派作品のコレクションを有しており、その中にはマネの『草上の昼食』やクールベの『世界の起源』など世界的に有名な作品もあります。

フランス国立近代美術館 パリ4区のジョルジュ・ポンピドゥーセンター 内にある国立近代美術館は、近代・現代美術を扱っており、8万点を超える作品を収め、国際的に評価の高い展示会を開催しています。コレクションは20世紀と21世紀のアート界の潮流を反映したもので、ピカソ、マチス、ウォーホールなどの先駆的な芸術家の他、現代の作家の作品も収められています。

他にも : 時間があれば、興味に応じて、違うテーマを扱った美術館もぜひ訪れてみてください。グレヴァン美術館、カルナヴァレ美術館、ケ・ブランリー美術館、国立中世美術館、科学産業博物館、音楽博物館、サーカス美術館、チョコレート博物館、ロダン美術館、ドラクロワ美術館、マイヨール博物館など、個性的なテーマを扱ったものが多数あります。


モニュメント :

エッフェル塔 : 世界中で有名なエッフェル塔はフランスの首都のシンボルです。攪錬した鉄でできた高さ324メートルのこの塔は、セーヌ河畔に、ギュスターヴ・エッフェルが1889年の万国博覧会に際して建築したものです。当時の最高の産業技術と建築技術を用いたエッフェル塔は、当初は20年後に取り壊される予定でした。科学者らと熱狂した市民らがこの予定を覆したのです。パリ7区にあるエッフェル塔には、独特のグルメやロマンチックな場所が隠されており、3階まで上った人はパリ全体を見渡すパノラマを楽しめます。

ノートルダム大聖堂 : 年間2000万人近い信者や観光客が訪れるノートルダム大聖堂は、フランス国内で最も訪問者の多いモニュメントです。パリの歴史地区、4区のシテ島にあるノートルダム大聖堂は、ゴシック建築の傑作です。建築工事は数十年間にわたって行われましたが、礎石を置いた日付として一般に認識されているのは1163年です。両方の袖廊を飾る2つのバラ窓の直径は13メートルで、ヨーロッパで最大のものに数えられます。

凱旋門 : エッフェル塔やノートルダム大聖堂と並んで凱旋門もフランスのシンボルであり、フランス国内で最多の訪問客が訪れるモニュメントの1つです。パリ8区、シャンゼリゼ大通りのエトワール広場に位置する凱旋門は、古いパリと現代のパリをつなぐ役割を果たしています。1806年から1836年にかけて、ナポレオンの命令により、大陸軍の栄誉を称えるために建てられました。高さは50メートル、幅は45メートルあります。下には無名兵士の墓と「永遠の炎」があります。凱旋門の頂上には、訪問客向けに2枚の方角プレートが設置されており、パノラマ眺望で何が見えているかが分かるようになっています。

サント・シャペル : ゴシック芸術の傑作であるサント・シャペルは、パリ1区の歴史地区、シテ島にあります。キリストが身につけたと言われる茨の冠や十字架の木片をはじめとする聖遺物を納めたいと考えたルイ9世(聖ルイ)の命により、1248年に建築が始まりました。美しいステンドグラスは宗教的行事をモチーフとしており、ネフの窓は15メートル以上の高さにあります。装飾はフランス革命期に破壊されてしまい、現在の装飾はそれ以降に施されたものです。しかし、この教会の建築に際して、当時としては非常に先端的だった技術革新が取り入れられたことに留意してください。それは、20世紀になってようやく発見されることとなった金属製の鎖です。

他にも : 時間があれば、興味に応じて、他のモニュメントもぜひ訪れてみてください。パンテオン、パレ・ロワイヤル、グラン・パレ、オペラ・ガルニエ、フランス国立図書館、カタコンブ(地下墓地)、トロカデロ、コンシェルジュリー…。パリからの小旅行なら、パリ南西部のイヴリーヌにある ヴェルサイユ宮殿 を訪れてみてください。歴代のフランス国王が暮らした歴史的モニュメントです。


素晴らしい公園 :

チュイルリー公園 : 1914年に歴史的モニュメントに登録され、ユネスコの世界遺産にはセーヌ河の土手も含めて保護対象となっているチュイルリー公園は、パリ1区にある、フランス式庭園としては最大・最古のものです。この素晴らしい緑地はコンコルド広場とルーヴル宮に面しています。クラシック庭園の傑作であるこの公園には様々な樹木が植わっており、中には第二帝政時代のものもあります。毎年、専門庭師たちが12万5000本を超える植物を植えています。

リュクサンブール庭園 : パリ市民や世界中からの観光客が散歩しに来るリュクサンブール庭園は、23ヘクタールの敷地に花々、彫刻(106体)、噴水が美しく配置されています。リュクサンブール宮に見合う庭園を望んだマリー・ド・メディシスの注文により、1612年に作られました。パリ6区にあるリュクサンブール庭園は、カルチェ・ラタンにある散歩に最適な場所の1つで、鉄柵の先端には金色の葉が飾られているので、すぐに見つけることができます。

パリ植物園 : シャルル・トレネは『驚きの庭』という歌はこの植物園をモデルに作ったのだと言いました。パリ5区にあるこの素晴らしい植物園は、自然科学のための繁殖の場として国立自然史博物館が所有しているものです。面積は23ヘクタールを超えます。このエレガントな植物園では、通路の両側にプラタナスが立ち並び、科・目ごとに分類して展示されている数千種類の植物や、進化大陳列館、温室、家畜園、迷路などを楽しめます。特別な文化遺産の豊かさを実感できる場所です。

他にも : 時間があれば、興味に応じて、滞在している地区から、様々な場所をぜひ訪れてみてください。モンソー公園、ラ・ヴィレット公園、ビュット・ショーモン公園、モンスリー公園、ヴァンセンヌの森、アンドレ・シトロエン公園、ブーローニュの森など。


有名スポット、幹線道路 :

シャンゼリゼ大通り : :『世界で最も美しい通り』との異名を持つシャンゼリゼ大通りはパリ8区にあり、世界中に知られた、パリの主要な観光スポットです。長さは2000メートルに及び、コンコルド広場と凱旋門の建つシャルルドゴール広場の間を結んでいます。もとは沼地で人が住まない土地でしたが、今や「シャン(田園)」は世界中で最も地価の高い場所となったのです。ショッピングの中心地であると同時に、ぶらぶら歩きながら珍しい建物、エンターテインメントの劇場、映画館、フーケなどの有名カフェやレストランを見つけるのも楽しいでしょう。

コンコルド広場 : 全体で8ヘクタールを超える広さのこの広場は、パリ最大の広場です。コンコルド広場はパリ8区にあり、シャンゼリゼ大通りの端、チュイルリー公園とコンコルド橋の間に位置しています。都市整備の観点から見ると、この広場は、「光の世紀」におけるパリ最大の創作物だと言えます。広場の真ん中にエジプトのルクソールから運んできた有名なオベリスクがそびえています。重さ227トン、3300年前に作られたものです。壮大な2つの噴水がオベリスクの両側に設置されています。

ヴァンドーム広場 : この広場は世界で最も贅沢な広場として有名です。パリ1区にあるヴァンドーム広場は昔からのフランスの都会らしいスタイルで、ファサードの大部分が歴史的モニュメントに指定されています。高級ホテルと高級宝石店が集まったヴァンドーム広場は、オーステルリッツ記念柱でも有名です。高さ44メートルを超える部路図の柱が広場の中央にそびえています。これはオーステルリッツの戦勝を記念して、ナポレオンが建てたものです。

ポン・ヌフ : この名に騙されてはいけません。「新しい橋」を意味する名称とは裏腹に、実際はパリに現存する最古の橋なのです。16世紀から17世紀にかけて架設されたこの橋は、(シテ島の西端を通って)セーヌ河を横断した最初の石橋でした。全長228メートル、パリの橋の中で3番目に長い橋です。歴史的モニュメントに登録されている他、パリのセーヌ河畔全体とともにユネスコ世界遺産に登録されています。

他にも : 時間があれば、他のスポットもぜひ訪れてみてください。バスティーユ広場、グラン・ブールヴァール界隈、ヴィクトワール広場、サン・マルタン運河、ウルク運河、サン・シュルピス 広場、ダンフェール・ロシュロー広場など。


地区 :

シテ島 : パリの町の発祥の地と認識されているこの島にはノートルダム大聖堂とサント・シャペルというフランス中世芸術の2つの傑作が1箇所に集まっており、建築の観点から見ると非常に珍しい場所だと言えます。シテ島には、世界中から観光客が訪れます。パリ市内のセーヌ河に浮かぶこの島は1区と4区にまたがっており、面積は22ヘクタールを超えます。通りや小道を散歩し、裁判所やオテル=デュー病院の素晴らしいファサードを堪能し、コンシェルジュリーを見学し、島の公園で休憩すると心地よいでしょう。また、ルイ・レピーヌ広場に出る花市場や鳥市場もぜひご覧ください。

サンジェルマン・デプレ : パリ6区にある独特の魅力を持つこの地区には、歴史的・芸術的に豊かな過去があります。サンジェルマン・デプレの歴史は、フランス文化史と切り離せません。多くの芸術家、画家、彫刻家、写真家らがサンジェルマン・デプレを彼らの本拠地とし、ここに住んでいなくても、小さなカフェや音楽酒場に集い、ジャズやビーバップに耳を傾けました。レオ・フェレ、ジョルジュ・ブラッサンス、ジャック・ブレル、シャルル・トレネ、セルジュ・ゲンズブールらが常連でした。サンジェルマン・デプレ地区は今もなおパリのシンボル的な場所です。

モンマルトル : モンマルトル地区はパリの人気観光地の1つです。この地区は大部分がパリ18区にあります。ここには有名な劇場やキャバレー(ムーラン・ルージュ、ラパン・アジル、シャ・ノワールなど)、美術館(エスパス・ダリ、ダリダの家、エリック・サティの家、モンマルトル美術館など)、人気スポット(バルベス地区、テルトル広場、サン・ピエール市場など)が点在しています。モンマルトルは、パリで最も高い場所にある標高130メートルのサクレクール寺院が建つ丘としても有名です。フニクレールと呼ばれるケーブルカーで上れる他、体力に自信があれば222段の階段から上がっていくこともできます。

他にも : 時間があれば、興味に応じて、他のパリの有名な地区もぜひ訪れてみてください。カルチェ・ラタン、サン・ルイ島、ビュット・オ・カイユ地区、フォーブール・サンジェルマン地区、バティニョール地区、モントルグイユ地区の歩道、オベルカンフ地区、シャロンヌ地区など。